株式会社カナエル,

open
お知らせ&お役立ち情報

カナエルジャーナル

information

ブログ
採用代行を導入する、メリット・デメリット

更新日時:2019/02/28

採用代行を導入するにあたり、検討材料となるメリット・デメリットをご紹介。

また、せっかく採用代行サービスを導入したのにもかかわらずあまり効果が得られなかった
…なんて事にならないために、より導入効果を得るための押さえておきたいポイントも!

メリット・デメリット

まずは採用代行を導入する上でのメリット・デメリットをご紹介。

社内の状況を踏まえ、メリット・デメリットのどちらが多くあてはまるのか、検討してください。

メリット

ノウハウを持ったプロに採用活動を任せられる
適切な求人媒体の選定により、時間短縮コスト削減に。

重要業務に集中できる
求人の掲載や応募者の対応などの業務を代行することにより、面接・選考の業務に集中して取り込むことができる。

採用の成果改善
応募後の迅速な対応が可能なため、面接設置率、実施率の向上。
また、難易度の高い人材の採用や短期間での大人数の採用を成功させる事も。

デメリット

自社の採用ノウハウが蓄積されない
代行業務の契約を解除した際に今までと同様の対応ができず、ノウハウが分からないという状況になる場合も。

代行費用の発生
自社で代行サービスと同等の業務を行った際に発生する人件費のコストと比較する事も必要です。

押さえておきたいポイント

任せておけば大丈夫 と思いすべてを任せっきりにするのではなく、より効果が得られる導入になるよう以下のポイントを押さえておきましょう。

業務分担を明確にする
採用代行業者へ依頼する業務と自社で行う業務を明確にすることで、業務の漏れを防ぐことができます。

状況・情報を明確にし、共有する
自社で行ってきた過去の採用のデータから利点・改善点を明確に。また、よくある問い合わせ内容などの情報を共有することで応募者の対応にスピード感を出せます。

目標・ゴールを共有する
ただ予定していた必要人数だけを集めるのではなく、どのような人材が欲しいか等をしっかり共有することで、入社時のギャップを減らす事ができます。

しっかりと打ち合わせをし協力する事で、採用代行サービスを導入した結果がより良いものとなります。

以上を踏まえた上で、採用代行を導入してみようと思った方はぜひカナエルまでご相談下さい。

お問い合わせはこちら

Pocket
LINEで送る

contact

お問い合わせ

045-264-4440045-264-4440

人材、採用に関するご質問やご依頼はお気軽にお問い合わせください。
お電話もしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。

PAGE TOP